大分ライオンズクラブ

大分LCについてABOUT US

大分LCについて

“結成60年”私たち大分ライオンズクラブについて

大分ライオンズクラブは、1959年に結成され、現在70名を越える会員が活動しており、
ライオンズクラブ国際協会 国際理事をはじめ、7名の地区ガバナーを輩出している大分県内唯一のクラブです。
その主な活動は、奉仕活動として、献血・献眼・献腎事業、青少年育成事業などを行っています。
また、例会を毎月2回開催、会員間の交流の場としても役立っています。
会員は多業種にわたっているので、同業では聞けないような会話もできます。
私たちのクラブでは、世代を問わず仲間として友として、日々のライオンズ活動を楽しんでいます。

We Serve

「奉仕」こそが、ライオンズクラブのメンバーである
私たちの生命であり、使命です。

  • LIONS(ライオンズ)とは?

    スローガンである「Liberty,Intelligence,Our Nation’s Safety(自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全を図る)」の頭文字からL・I・O・N・Sと名付けられました。

  • 「We Serve」とは?

    ライオンズクラブのモットー”We Serve”「われわれは奉仕する」であり、一人の力では無く集団の力で、経済力のみならず知恵と労力をもって奉仕するというライオンズクラブの特徴が表現されています。

世界中で活動するライオンズクラブ

1917年にアメリカ シカゴにて生まれたライオンズクラブは、
「We Serve(我々は奉仕する)」をモットーに
現在世界最大の奉仕団体となりました。
日本では、戦後の1952年3月に誕生しました。
多くの会員が集まり、現在世界第3位の
ライオンズクラブの国となっています。
世界中にあるライオンズクラブとは、
YCE派遣事業や各種大会などを通じて、
国境を越えた奉仕や交流で繋がっています。

世界 約206か国(約5万クラブ) 約140万人
日本 2841クラブ 約10万人
大分市内 6クラブ
  (2022年4月時点)

大分県内ライオンズクラブ結成史

日付は結成日(認証状記載の年月日)を表します。

大分県内ライオンズクラブ結成史

大分ライオンズクラブのこれまでの活動

結成から60年、私たちはこれまで様々な活動や記念事業を行なってまいりました。

  • 1965年5周年記念事業

    1965年5周年記念事業

    大手町公園(県庁横)トイレ設置

  • 1969年10周年記念事業

    1969年10周年記念事業

    大友宗麟公像 贈呈(城址公園北側)

  • 1978年15周年記念事業

    1978年15周年記念事業

    ライオンズの森 造成(大洲運動公園前)

  • 1983年裏川公園助成事業

    1983年裏川公園助成事業

    平和市民公園 桜の木 贈呈

  • 2014年ホルトの木記念事業

    2014年ホルトの木記念事業

    ホルトの木記念植樹(大分いこいの道)

  • 2008年50周年記念事業

    2008年50周年記念事業

    遊歩公園 街時計 贈呈(県庁西側)

大分ライオンズクラブ歴代会長

元国際理事

2015~2017年度
佐藤 宜之
 
 

歴代ガバナー

1966~1967年度
(荒巻 逸夫)
1978~1979年度
(小坂 哲也)
1984~1985年度
(草本 玉喜)
1993~1994年度
(宇都宮 文夫)
2003~2004年度
(井野邉 義一)
2009~2010年度
佐藤 宜之
2017~2018年度
渕野 二三世
 
 

( )の方は、物故L・転籍・退会の方々です。

歴代会長

(初代) 1959.2~1959.6
(田北 重信)
(2代) 1959.7~1960.6
(内藤 利兵衛)
(3代) 1960.7~1961.6
(荒巻 逸夫)
(4代) 1961.7~1962.6
(荒巻 逸夫)
(5代) 1962.7~1963.6
(荒巻 逸夫)
(6代) 1963.7~1964.6
(宇野 熊治)
(7代) 1964.7~1965.6
(小林 武雄)
(8代) 1965.7~1966.6
(植田 治三郎)
(9代) 1966.7~1967.6
(後藤 肇)
(10代)1967.7~1968.6
(飯田 勇作)
(11代) 1968.7~1969.6
(小野 嘉那衛)
(12代) 1969.7~1970.6
(小坂 哲也)
(13代) 1970.7~1971.6
(松浪 新平)
(14代) 1971.7~1972.6
(野中 憲一)
(15代) 1972.7~1973.6
(別所 富士夫)
(16代) 1973.7~1974.6
(渕野 文男)
(17代) 1974.7~1975.6
(寺司 博行)
(18代) 1975.7~1976.6
(古沢 正三)
(19代) 1976.7~1977.6
(草本 玉喜)
(20代) 1977.7~1978.6
(佐藤 光志)
(21代) 1978.7~1979.6
(佐藤 節士)
(22代) 1979.7~1980.6
(宇都宮 文夫)
(23代) 1980.7~1981.6
(阿南 清信)
(24代) 1981.7~1982.6
(市原 吉人)
(25代) 1982.7~1983.6
(田北 董太郎)
(26代) 1983.7~1984.6
(渡辺 憲一)
(27代) 1984.7~1985.6
(赤星 安信)
(28代) 1985.7~1986.7
(佐藤 清一)
(29代) 1986~1987
(井野邉 義一)
(30代) 1987~1988
(杉目 昇)
(31代) 1988~1989
(今村 純夫)
(32代) 1989~1990
(永石 光龍)
(33代) 1990~1991
秦野 恭義
(34代) 1991~1992
(勝野 重成)
(35代)1992~1993
(吉村 先生)
(36代) 1993~1994
(原田 勝吉)
(37代) 1994~1995
(田中 康生)
(38代) 1995~1996
(神 敏彦)
(39代) 1996~1997
(田中 一成)
(40代) 1997~1998
(山下 健一)
(41代) 1998~1999
(高井 久雄)
(42代) 1999~2000
(郷司 健次)
(43代) 2000~2001
(佐藤 雄一)
(44代) 2001~2002
(大野 嗣男)
(45代) 2002~2003
(平岡 捷治)
(46代) 2003~2004
近藤 稔
(47代) 2004~2005
(土居 正照)
(48代) 2005~2006
(久保田 武士)
(49代) 2006~2007
佐藤 宜之
(50代) 2007~2008
黄 梅雄
(51代) 2008~2009
(徳田 英利)
(52代) 2009~2010
渕野 二三世
(53代) 2010~2011
福嶋 信之
(54代) 2011~2012
(西 髙治)
(55代) 2012~2013
有馬 菊乃
(56代) 2013~2014
安部 和成
(57代) 2014~2015
江藤 寿彦
(58代) 2015~2016
三井 睦子
(59代) 2016~2017
麻生 英治
(60代) 2017~2018
城 敏徳
(61代) 2018~2019
大野 武人
(62代) 2019~2020
三浦 宏之
(63代) 2020~2021
上野 貴士
(64代) 2021~2022
飯尾 欣也
(65代) 2022~2023
柴山 礼治
 
 

( )の方は、物故L・転籍・退会の方々です。